MENU
LYNCS Q&A

LYNCSについて

Q. どういったサークルですか?
A. LYNCS(リンクス)は天文から宇宙工学まで、幅広い分野で活動する慶應義塾大学公認団体/文化団体連盟加盟団体(サークル)です。活動分野の広さゆえに自由度が高く、新たなことにも続々とチャレンジできる環境です。また、工学分野では研究室などと連携しており、慶應義塾大学内に存在する旋盤、ボール盤、3Dプリンタなどといった本格的な加工機械を利用することもできます。

入会について・団体の雰囲気について

Q. 会費を教えてください。
A. 入会費は5,000円、年会費は8,000円です。その他合宿・大会参加者は遠征費、制作部品費等がかかりますが、支援を受けられる場合もあります(詳細は各部門の記述をご覧ください)。

Q. 他大生や慶應の通信教育課程生ですが入会できますか?
A. 慶應義塾大学の公認団体に関する規定により、正会員として入会することはできませんが、提携先としての活動はできます。現在は東京大学、日本女子大学の方と提携しています。

Q. 天文部門あるいは工学部門、片方にしか興味がないのですが大丈夫ですか?
A. LYNCSでの活動には強制参加のイベントは無く、各自が自分で選んで活動に参加する形なので、興味のある部門の活動だけに参加することが可能です。もちろん、興味があれば両方に参加することも可能です。

Q. 新入生ではありませんが入会できますか?
A. 大丈夫です。学年や時期を問わず入会できます。

Q. 天文や工学と関係ない学科/学部の所属ですが大丈夫ですか?
A. 確かに理工学部生(機械工学科や情報工学科)が多いものの、全員がそうではありません。応用化学科など非工学系の理工学部生に加え、商学部や総合政策学部(SFC)などといった理工学部以外のメンバーも所属し、活躍しています。

Q. 文系の学生でも工学や天文での活動はできますか?
A. はい!LYNCSは宇宙に興味を持つ全ての慶應大学生に門戸を開いています。現時点で法学部、商学部、総合政策学部の学生が天文および工学(CanSatや人工衛星設計など)といった理系の分野において活躍しています。これからスキルを身に着けたい方、あるいは既にスキルがある方であれば学部は問いませんのでご安心ください。

Q. アルバイトやほかのサークルとの両立は可能でしょうか?
A. LYNCSでは、各プロジェクト単位で事前に予定を調査してから活動日程を決定しているため、ほかの予定を考慮しつつ活動できます。また決まった予定と都合が合わなくても、強制的に参加させることは一切ありません。兼サーやアルバイトをしているメンバーが大多数です。

Q. 新入生でも新たな活動を提案できますか?
A. はい、大丈夫です。実際、1年生の提案した内容が新たな活動として採用されるケースもLYNCSでは多々あります。

Q. 飲み会は激しいですか?
A. メンバーで食事に行く機会は多いですが、飲み会に限れば正直なところほとんど開催されません(2016年度は2回程度)。開催時も任意参加ですし、飲酒の強要などは行われません(言うまでもありませんが、未成年の飲酒は厳禁としております)。また、精密な機材を取り扱うなど安全上の理由から、遠征時の飲酒も基本的に控えるようにしています。

工学部門(衛星ミッション本部)

Q. 活動頻度は?
A. 普段は週1回の通常活動(天文部門と合同)が主ですが、特定の時期になると頻度は増加します。8月の能代宇宙イベントや3月の種子島ロケットコンテストへの参加出場のため、6月~8月と1月~2月(場合によってはもっと早い時期から)は製作期間となり、大学内の材料加工施設などでCanSatの製作を行います。

Q. CanSatや人工衛星など、まったくわからない初心者なのですが……
A. 大丈夫です!LYNCSでは初心者向けの勉強会や講習会を随時開催していますし、活動しながらスキルを身につけていくことができます。現在CanSatのPM(プロジェクトマネージャ)を担当している副代表も大学入学時は工作やプログラム経験のない初心者でした。

Q. 高校時代にCanSatの経験がありますが、活かせますか?
A. はい、もちろんです!経験者は知見を活かして、さらなるスキルアップを図って新たな目標に挑めるのもLYNCSの特徴です。

Q. 工学分野の全ての活動に参加しないといけないのですか?
A. その必要はありません。参加したい活動だけに参加する形式をとっていますので、たとえばCanSatだけに参加することも可能です。

Q. 大会が開催される時期に帰省/旅行/留学などがあるのですが大丈夫ですか?
A. 大丈夫です。準備期間だけなど、一部のみ参加することも可能です。特にソフトウェア担当などであれば、インターネットが利用できれば遠隔地からの活動も可能です。

Q. 活動にはどれくらいのお金がかかるのですか?
A. 参加する活動にもよりますが、年会費に加え、部品代や大会参加費、大会会場までの交通費や宿泊費などは自己負担となります。大会などでは地方自治体などによる補助金が出る場合もあります(2016年は能代宇宙イベントにおいて秋田県から補助金が交付されました)。なお、部品代については研究室からの補助で大半を賄っています。

天文研究本部

Q. 活動頻度は?
A. 週1回の通常活動(工学部門と合同)に加え、観測シーズンの観望会などがあります。

Q. 観望会は遠方のみで、日吉ではやらないんですか?
A. やはり日吉での観測が場所的に一番効率がよいので、気軽に日吉キャンパス内での観測も行っています。

Q. 初心者で赤道儀やカメラなどの機材の扱い方がわからないし、そもそも持っていないのですが……。
A. 全然大丈夫です!優しい先輩たちが観測時に丁寧に教えます。また、個人の機材を持っていない場合でもみんなで一緒に観測するので問題ありません!

Q. 工学部門との兼部もできるの?
A. もちろんできます。春夏は工学、秋冬は天文といった具合に活動の中心時期が異なるのでより充実した大学生活になりますよ!

Q. 観望会や合宿は強制なの?
A. いいえ、参加は任意です。予定や予算の都合上から参加できないことがあっても全然構いません!なお、観測の日程はあらかじめ皆さんに予定を聞いたうえで決めていきますのでご安心を。

理学研究本部

Q. 活動頻度は?
A. 週1回の通常活動(工学・天文部門と合同)に加えて、1~2週間に1度勉強会を開催しています。

Q. 数学や物理学が苦手なんですけど……
A. 大丈夫です!わからない点があれば皆で議論しながら理解を深めていきます。少しでも理解できるよう全力でサポートします!

Q. 勉強したい題材があるんだけれど……
A. 提案していただければ、その題材についての勉強会を開催できます。大学1年の授業でやっているようなことから、上の学年でやるようなことまでチャレンジできます!

Q. 工学部門や天文部門と掛け持ちすることはできるの?
A. 可能です!現理学研究本部のメンバー全員が他部門と掛け持ちしています。